読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美容師のドラマで勉強 

ドラマに出てくる名台詞(名言)を自分なりに解釈しながら毎日ドラマとにらめっこ!

カルテット 第9話 すずめちゃんの名言ラッシュ 溢れたものが嘘なわけないよ

こんばんは!

 

 この女は、何者なのかー

 

f:id:moritoki0829:20170314222000p:plain

 

 

やっぱりWBCで押して押して遅くなってしまいました。いい試合をするのはいいですが今日は嫌なんです。でもまぁ仕方ない。代打内川で犠牲フライ。からの山田哲人の2ラン。先頭打者ホームランと、試合を決める2ランて、侍ジャパン強すぎ。小久保監督の株もこれで上がりそうだなw

 

 

それでも楽しみにしているカルテット。お客様と話していてもあまり観ている人が少ないことに若干寂しさを感じつつもTBSの回し者のようにお客様に宣伝しております。笑 今日と来週で終わってしまうのが少し寂しいですが今日がその最終章の前編。

 

 

先週のラスト1分で起こったまさか。早乙女まきは誰なのか!?そしてカルテットが知っているまきさんは一体誰なのか!?それが気になるカルテット第9話。

 

 

スポンサーリンク

 




 

ヤマモトアキコ?が早乙女まきの本名? 10歳の頃に母親を事故で亡くして、義理の父の暴力から逃げるために早乙女まきの戸籍を300万円で買った。まきさんの過去が語られるのは2度目ですが、その1度目の過去は幹夫と結婚してからのこと。今回はもっと前のまきさん。

 

 

大概の犯罪者は自分を

被害者と思うことから始まりますけどね

なんとも冷たい言葉。そして何かを語るような言葉。

 

 

今日も早めに家森節が出てきましたね。とてもよかった笑 やはり別府さんの物件が売られることに?そしてみんなが安い物件を探して就職するというと別府さんが言います。なんか別府さんの名言はとっても落ち着きます笑

 

 

それじゃぁそっちが本業になっちゃいますよ?

仕事やバイトが優先になってシフトがあるからって

本来やりたかったことができなくなった人僕はたくさん見てきました

ちゃんとした結果が僕です、ちゃんとしようよばっかり言ってた僕は今

飢え死に上等 孤独死上等じゃないですか

僕はみなさんのちゃんとしてないところが好きなんです

 別府さんのそういうところ素敵です。 

 

 

 

周りは嘘ばっかりだったから 自分も

まきさんみたいに嘘がない人と出会ってたら

子供の頃も楽しかったかな

こんなことを言われながらまきさんは嘘の会話を続ける。どこまでが本当で、どこからが嘘かわからない。

もう十分

これってなんか怖いですね。何を意味していたのか?

 

 

 

被害者、加害者で分ければ当たり前ってなる 

加害者家族を救うためだったのか?それとも?

 

まきちゃん普通の人になりたかったんだ

ずっとビクビクして生きて来たけど、普通に普通の人になって生きようとしてこれでやっとって思って。

 

離婚して振り出しに戻っちゃったと

 辛い内容でしたね、お互い。

 

 

別府さんの家族の説得がダメで別荘は売られることに!?祝賀会のはずが残念会に!?残宴会になりそうでしたが家森さんのバイトが決まってちゃんと祝賀会になりました!

 

 

咲いても咲かなくても花は花

 

起きても寝てても生きてる

 

辛くても苦しくても心

その人の性格が出るような言葉。家森さん、なぜなにも言わない!?笑 家森節欲しかったw

 

 

 

 

そして別荘に来てしまった。任意同行を求めて警察が。そこでヤマモトアキコという人物の名前が出て来てしまう。知られてしまった。過去を。そう二人は地下鉄ですれ違うはずなかったんですよね。

 




スポンサーリンク

 



きっと何かの間違い

そうみんなそう思いたかった。まきさんが語り出しました。

 

 

ごめんなさい。私早乙女まきじゃないです。嘘ついてたんです。私嘘だったんです。本名は別です。別にあります。14年前戸籍を買いました。戸籍買って逃げて東京に行きました。それからずっと早乙女です。偽早乙女まきです。なりすましてました。幸い、幸いずっとバレなくて、調子乗って結婚しました。名前もらって、しれ〜として、ずーっと騙してました。みなさんのことも騙しました。カルテットなんか始めちゃって、仲良くしたふりして、 私嘘だったんですよ。見つかったので明日の演奏終わったら警察行って来ます。もうおしまいです。お世話になりました。

本当の私は、私は、私は、本当の私は、

みんなに嘘をついていたこと。 裏切ったことを心の奥底にしまい続けたことを後悔して。それでもすずめちゃんはまきさんに過去なんて関係ないと諭す。

 

 

人を好きになることって絶対裏切らないから

絶対それは嘘なはずないもん

だって溢れてたもん

人を好きになるって勝手に溢れるものでしょ

 溢れたものが嘘なわけないよ

 

過去とかそういうのなくても音楽やれたし

道で演奏したら楽しかったでしょ?

まきさんは奏者でしょ

音楽は戻らないよ?

前に進むだけだよ

一緒

心が動いたら前に進む

好きになった時、人って過去から前に進む

私はまきさんが好き。

今、信じて欲しいか信じて欲しくないか、それだけ言って?

 

信じてほしい

 第3話でまきさんに救われたすずめちゃん。今度はすずめちゃんがまきさんを救う。心が動いたから前に進もう。すごいいい言葉。

 

 

2種類いるんだよね?

人生やり直すスイッチがあったら

押す人間と

押さない人間

僕はね押しません。

なんで押さないと思う?

みんなと出会ったから

最後に家森さんがいいこと言いましたね。そして宝くじの伏線をしっかり拾い上げてくれましたね。

 

曇ってるね

 

曇ってますね

 

カルテットでの最後の演奏?みんながそれぞれまきさんの顔をみる。そこに警察が。それでも最後の演奏を始める。そして最後の控え室で別府さんが別荘の話をする。春になったらリスが来る話を。

 

 

春になったら見ましょうね

それが一番辛い言葉かも

 

 

家森さん、私も人生やり直しスイッチはもう押さないと思います。

 

別府さん、あの日カラオケボックスで会えたのはやっぱり運命だったんじゃないかな。

 

まきさんはヴァイオリンをすずめちゃんに渡す。

 

「まきさん、誕生日いつ?」

 

「6月1日」

今度は嘘じゃない。

 

 

ちょっとお手洗い行って来ますね

なんかまきさんらしい言葉。そしてドーナッツカルテットホールのワゴンを見て警察の任意同行に応じる。みんなの名前は本当なのに、私は嘘で作られている。そんな感情だったのかな?

 

 

頭の中に思い出したい音楽がたくさんあるんです。

 

ももう3匹でいいんですよね。まきさんのいない食卓を囲む。

そして最後なんでドラクエっぽい感じ?笑

 

 

 

カルテット、最終回

1年後、それぞれの道へー

 

 

 

 

moritoki0829.hatenadiary.com

 

 

moritoki0829.hatenadiary.com

 

 

moritoki0829.hatenadiary.com