読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美容師の勝手にドラマ考察

ドラマに出てくる名台詞(名言)を自分なりに解釈しながら毎日ドラマとにらめっこ!

A LIFE に観る恋愛感情の移り変わりと嫉妬心

こんばんは!

 

やっと観ることができた先週のA LIFE〜愛しき人〜。今回は14歳の少女が乳がんになってしまうというお話。そんなことあるんだ、、、そんな感じで見ていましたが僕はそれ以上に気になった言葉がありました。

 

 

手に入らないなら

いっその事無くしてしまえばいい

 

 

気持ちが自分にないのなら

いっその事死んでしまえばいい

 

 

 

壮大が深冬先生を愛しているからこそしてしまう嫉妬。それは沖田がアメリカに行く前からあった感情。しかし沖田がアメリカに行って研修を行なっている間に深冬先生と結婚。それで深冬先生は自分のものになったと思っていた。

 

 

しかし沖田が帰ってきたと同時にその自信は一気に失墜する。沖田と仲良くしている姿を見て湧き出てくる嫉妬心。それは自分の妻なのにという優越感があるからこその嫉妬心。それはとても醜く可哀相なものだ。

 

 

そして悪気がない深冬先生も壮大の前で沖田の話をする。そしてまた嫉妬心が強くなる。負の連鎖のようにつながる嫉妬心。

 

 

 

スポンサーリンク

 




 

 

Back to the Basics 

 

 

 

可能性が0でないなら追求すべき

 

 

 

大丈夫だ

絶対にここに戻すから

 

 

深冬先生が一番欲しかった「大丈夫だ」をやっと言ってくれた沖田。二人は昔、恋人だった時のように手術の練習を続けた。その場面を見ていた壮大。沖田はオペの方法が見つかったと壮大にも知らせる。

 

 

気持ちが自分にないのなら

いっその事死んでしまえばいい

 

 

その気持ちが強くなって行く一方で壮大は嬉しさと苦しさの気持ちが入り混じり葛藤している。そう、それこそまさに嫉妬心からくるもの。

 

 

深冬先生が脳に腫瘍を抱えていることを全体会議でバラしてしまう。脳に腫瘍がある深冬先生のことを知っていて、外科的手術をやらせていた副院長、壮大の責任問題だと顧問弁護士の榊原が全体会議で報告する。

 

 

 壮大にとってはかなり予想外の事態。そしてそれは沖田にとってもそうだった。深冬先生の腫瘍の手術はどうなるのか!?!?

 

 

 

 

そして沖田の父が倒れてしまう!?

 

非常事態に沖田はどう対応するのか、これから最終回に向かって怒涛の展開!!!

 

 

moritoki0829.hatenadiary.com

 

moritoki0829.hatenadiary.com

 

 

moritoki0829.hatenadiary.com

 

 

moritoki0829.hatenadiary.com